トップ スタッフブログ
/
/
ご宿泊プラン一覧
予約照会・キャンセル
設備・朝食時間

グループ施設

鈴鹿ストーリアホテル

鈴鹿ストーリアホテル

満足という名の滞在

〒513-0806
三重県鈴鹿市算所1丁目1-1
【TEL】 059-375-1500
【FAX】 059-375-0500

詳細はこちら
アパホテル<鈴鹿中央>

アパホテル<鈴鹿中央>

花ごころあるおもてなし

〒513-0827
三重県鈴鹿市大池3丁目11-35
【TEL】059-379-3211
【FAX】059-378-3967

詳細はこちら
アパホテル<三重亀山>

アパホテル<三重亀山>

花ごころあるおもてなし

〒519-0124
三重県亀山市東御幸町172-1
【TEL】0595-84-5577
【FAX】0595-84-5578

詳細はこちら

DIY 続き

未分類
2019年02月10日

皆様、こんにちは♪
白子ストーリアホテルの山ぷ~です 彡(^)(^)

 

 

二日酔いから回復したので前回の続きになります。

 

 

 

 

ひたすらパテを盛っては削っての繰り返しです。

途中でパテの種類を変えているので色がマダラです。

パテは、板金パテ→中間パテ→仕上げパテと仕上がり具合で変えていきます。

 

自動車は軽く作るために薄い鉄板を張り合わせて作られています。さらに剛性を高めるために鉄に折り目が付けられています。折り目にはデザインも兼ねていますが、剛性を高める意味があるんですね。これをパネルラインと言います。

 

凹んだパネルラインを再現していきます。パネルラインを左右対称にするにはこう言う道具を使います。型取りゲージと言う道具です。本来は発掘された土器とかの型取りに使用するものです。これを傷ついていない反対の面に当ててRの角度を見るんですね。

だいぶ元通りに戻ってきました。

 

あとは色を塗って終了です。  さらに続きます

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

お問い合わせ
プラン一覧
ページの先頭へ